カメラに興味のない私がYouTubeの撮影用に一眼レフカメラを買った理由

実は私、今までカメラという物に全く興味がありませんでした。

新婚旅行もiPhoneしか持っていかなかったくらい。

唯一買ったのが、子供の発表会を撮る為に買ったpanasonicのビデオカメラです。

で、今までこのビデオカメラを使ってyoutubeの撮影していたんです。

 

しかし先日、「動画に力を入れるなら音には気を使った方が良い」とアドバイスを頂き早速調べてみたのですが、どうもビデオカメラに内臓されているマイクの性能はあまりよくないみたいなんです。

確かに今までも、ちょっと声が聞き取りづらいかなって思ってたんですよ。

 

「よし!じゃあ外付けマイク買うか~」という事でいろいろ調べてみると・・・

なんと、今あるビデオカメラには外付けマイクを接続する端子がないじゃないか。

 

これは困ったぞという事で、ちゃんとしたマイク端子のあるビデオカメラを探すと、5万~6万となかなか良い値段するんですよ。

高いな〜高いな〜と思いながらモヤモヤしていたのですが、「動画撮るならビデオカメラより、一眼レフの方が綺麗に撮れるよ」って教えてもらったのを思い出しまして。

それならばいっそ一眼レフにするのもアリなんじゃないかと思い始めました。

 

実際に「一眼レフ+外付けマイク」のクオリティを調べる前は、「映像とか音の良さなんて、しょせん自己満足。中身が1番大事だ!」って思ってたんですが…素人目から見ても今使ってるビデオカメラとは段違いでした。

特に映像の差が凄かった。

 

じゃあ、実際に動画を撮るにはどの一眼レフがいいんだ?って事で、いろいろネットで情報をみたり、youtubeで比較動画なんかを見ているうちに、自然とカメラの知識もついてくるんですよ。

最初は知らない言葉だらけなんですが、少しづつ分かってくる。

で、最後にはあれこれ比較出来るようになるんですよね。何か新しい物を買う時ってこの過程が1番好きです。

 

そうすると、そこそこ良いカメラが欲しくなってくるというのが男の思考回路なんでしょうか。

最終的にコレがいいだろ!と思ったのがパナソニックのLumix GH5という最新のやつ。(昔からパナソニック贔屓なもんで)

でもこれ、レンズと合わせて買うと25万円以上するんですよ。

こりゃあ素人が手を出すもんじゃないなと。

 

で、私はこういう時は、同じ機種の1~2世代前の商品を探します。しかも中古で。

結果として、4年ほど前に発売されたLumix GH3というのを買う事にしました。


これだとレンズを入れても5万円台に収まります。

といっても4年前ならばプロも絶賛する最高級機種なので、今の私達には十分すぎるくらいです。

 

デジタル家電て、2年くらいで世代が変わっちゃうんですが、性能の違いってそれこそ素人目には分からないような、自己満足の世界になってきます。

最新で最高級の物を選ぶってのも楽なんですが、新しい知識をつけながらいろんな物を比較して、自分達に合う物をお得に見つける方が私は好きです。

 

納得のいく買い物が出来たので、大満足。

動画の内容もカメラに負けないように質を上げていかないと!

届くのが楽しみです。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。