無線LANを安定させるために:続章「無線は有線を超える」

先日、30台以上のPCを無線で繋ぐと無線LANが安定しないという記事を書きましたが、「それ分かるわ~」と何人かの方に言われました。

同じような事で悩んでる人が結構いるみたいですね。

 

まず、前回やった無線LANと有線LANのハイブリッド作戦は…

上手くいきませんでした。

これですね↓

無線

やっぱり1日に2~3回、接続が切れてしまう。

 

なので、今日は追加でやった対策を2つ書きます。

 

ハイブリッド作戦が失敗に終わったので、「もう有線にするしかないか…」と半ば諦めながら、いろいろ調べていたのですが、

”最近11acという無線電波の新しい規格が出来た”という事を知りました。

 

11acがどういったものかというと、今までの無線規格に比べて速度がかなり速い。

そして他の電波の干渉を受けにくいという特性を持っています。

「いずれ無線の技術は有線を超える」と思っていたのですが、ついにその時が来たのではないか?

これは試す価値があるなと思い、試してみる事にしたのです。

 

①11ac規格に対応した機器に変更

まずは無線親機を11acに対応した最新のものに変更しました。

デカい。

左が従来のものですが、大きさが2倍くらい。

そして値段は3倍くらいします。

買った無線親機はこれ

あと、無線中継器も11acに対応するものに変更しました。

買った中継器はこれ

 

そうすると…接続がすごく安定したんです。

もう接続が途切れない。11ac最強です。

 

②ついでに回線速度も速くしてみた

そして、もう1つ変更したのがプロバイダです。

11acなのでさぞかし速くなっただろうと思って速度測定してみると、改善前のドラフトの速度は20Mbpsしかありません。

全国の平均は80Mbpsらしいのでかなり遅いです。

 

そんなに回線が混んでなさそうな時間帯でも全然速度が出ないので、プロバイダを変えてみることにしたのです。

6年以上使ったyahoo!BBから、「ぷらら」に変更です。

 

そうすると、変更後は平均100~200Mbpsに。(時間帯によっては400Mbpsも出ます)

フレッツ光の速度上限が1024Mbpsなので、かなり早い方だと思います。

もはや有線並みの速度は出てますね。

 

 

今回の改善では費用が約12万円もかかったのですが、有線LANの工事するより安くついたし、ずっと接続の不安定さに悩まされてきたので、十分に価値があったと思います。

いろいろアドバイスをくれた方、ありがとうございました!

 

無線LANの接続不安定で悩んでいる方へ

無線親機はこれ中継器はこれを使うのがおすすめです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。