出来れば全員が同じ場所で働いた方が良い

車部品メーカーのデンソーの強みは、製品開発の「技術者」と、それを実際の形にする「技能者」が同じ場所で働いていている事にあるそうで、技術者が「これを形にできないか?」と思ったら、近くにいる技能者に頼んですぐに原寸大模型にするというスピードが強みになっているのだそうです。

大きな会社になってくると、関連部署が分散化して、担当者と担当者の距離が遠くなってしまいがちです。すると組織の生産性だけでなく、仕事の全体像が見えなくなってしまうという状況に陥ってしまう。

 

私達のような少人数の組織でも、こういった状況は起こりがちです。同じ建物で働いているのに、全員に伝わっていない事があるのです。

今からやろうとしている全体像を皆に伝えるには、何度も何度も話し続けるしかありません。改めてそう思いました。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。