数字を見える化して良かった事

経営の数字を見える化して1年くらい経ちますが、良かった事はやはり数字を意識してくれる人が増えた事です。

なぜ~しなければいけないのか?という事も数字を共有しているのでスッと理解してくれているなという思う事が多くなりました。

そして、数字も目に見えて良くなってきた。

経営の数字を見える化すると、外部に漏れる可能性があるというデメリットはありますが、数字を見てやる気を出す人が増えるメリットの方が大きいと聞きました。

確かにその通りだという感想です。

一度見える化すると、何でも共有しようという気持ちになれます。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。