料理動画サービスはクックパッドの脅威になるのか?

動画業界では料理が盛り上がっている

私達も動画をに力をいれているので、動画界隈のニュースを見ると気になるのですが、最近kurashiruDELISHという動画サービスが話題です。

こんな感じの要点をまとめた動画で、料理をしない私が見ても楽しめます。

トントンと工程が進んでいくので見ていて気持ちが良いですね。

クックパッドと競合するのか?

料理レシピサービスといえばクックパッドですが、kurashiruDELISHは競合となるのでしょうか?

結論からいうと「しない」と思います。

競合しない理由①:収益モデルの違い

クックパッドの収益はメディア分野の中でもかなり特殊で、”月額の有料課金”です。

だからレシピの記事はかなり実用的な内容が多く、今晩の献立に悩む主婦の役に立っています。

一方で動画サービスの方はというと、エンターテイメント的な要素が強い気がします。

だから収益モデルも広告が中心。

競合しない理由②:コンテンツを作る人の違い

クックパッドのレシピを投稿するのは主婦(ユーザー)です。だからこそ実際のユーザー目線のコンテンツが生まれるんですね。

ユーザーがコンテンツを作ってくれるなんて最高ですよね。

スマホでもレシピ投稿しやすいようにアプリもかなり工夫がされています。

しかし動画となると、ユーザーがコンテンツを作るには少しハードルが高くなります。

動画サービスの場合は、運営者側がコンテンツを作る必要があると思います。

結論

このように同じ料理レシピサービスですが、中身を見てみると全然違うのが分かりますよね。

クックパッドもきっと全力で料理動画に力を入れてくると思いますが、今後どうなるのか楽しみです。

 

料理動画は短い時間で上手くまとめられていて、見ていて楽しいですね。

今、私達もyoutubeでDコレチャンネルに力をいれていますが、分かりやすくまとめられた短い動画も面白い。

先日から”主導権が自社にある事が大切”と書いていますが、こういった短い動画をやるなら、youtubeじゃなくて自社のメディアとしてやるのもアリだなと思います。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。