飲料業界で異彩を放つRED BULL研究 前編「高収益性の秘密に迫る」

飲料業界で超儲かってるRED BULLの秘密とは

今朝、部長の朝礼を聞いて知ったのですが実はRED BULLって飲料業界でかなりの成功事例って知ってましたか?

本社がオーストリアにあるので情報は少ないのですが、調べてみると面白い事が分かりました。

まずは業績を調べてみた

2011年度のデータですが、全世界で46億3千百万缶を販売。

売上額は42.53億ユーロ(約5,000億円)

日本の飲料業界No.1のコカ・コーラグループ(シェア27%)の売上が約1兆円ですから、それと比べると半分です。

じゃあ何がすごいのか?

 

なんと商品は

RED BULLだけ

 

とんでもない絞り込みですよ。

利益率もメチャクチャ高い

RED BULLの販売価格は1本250円くらい。

”くらい”というのも世界160カ国で販売されていて売価が違うんです。193ヶ国中、160ヶ国で販売されている訳ですから、RED BULL恐るべしです。

と、話が逸れましたがRED BULLの原価は1本20円くらいと言われています。

という事は粗利益率が90%もある事になります。

売上5,000億円で粗利益4,500億円

経常利益率30%くらいあるかも知れません。

そうするとRED BULLの経常利益は1,500億円という計算。

ちなみにコカ・コーラグループの経常利益は約400億ですから、RED BULLの凄さが分かって頂けたと思います。

どうしてRED BULLはこんな業績が出せるのか?

理由の1つはおなじみの「集中」です。

しかも1商品集中だからその破壊力はとんでもないですね。

そしてもう1つは「戦略」にあります。

RED BULLの戦略はどのようなものなのか?

明日の「飲料業界で異彩を放つRED BULLのブランディング戦略に迫る」で書きたいと思います。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。