プライスイメージ

今日はプライスイメージという事を学びました。

例えばユニクロならボトムは3,000円か4,000円あれば買える。トップスなら1,000円~3,000円で買えます。

お客さんが買い物に行かなくても、あの店なら大体いくらあれば買い物が出来るなと想像が出来るんですね。

3,000円~4,000円のボトムがメインの中で、8,000円代のボトムがあっても、いつも買ってくれているお客さんは戸惑ってしまうのです。

商品を増やしていこうとした時に、プライスゾーンを意識していないと、どんどん価格の幅は広がってしまうでしょう。

今のドラフトは、まだここらへんの徹底が出来ていなかったと思います。

最近は新作を毎日5品出していますが、新作のプライスゾーンをいつも同じにしてあげれば売れていくスピードが早まるしリピートもしやすくなります。

ちょうど出品数を増やそうとしていた時だったのでタイムリーな話題でした。

高級品を売ってる店が、安い商品を増やすのも上手くいかないし、リーズナブルなお店が高級品を出すのも上手くいかない。

「プライスイメージ」大切です。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。