実店舗の「ドミナント戦略」をネットに直すとこうなります

BBR勉強会でこんなことを習いました。

セブンイレブンは「ローカルチェーン」。全国展開にはこだわらず「シェア1位の地域作り」にこだわって出店。

ローソンは「全国チェーン」。47都道府県への出店をいち早く完了。

細かく1位を積み重ねるかどうかの差である

出店戦略の違いを数字で出してみると、

セブン19,044軒、ローソン12,557軒(1.5倍差)

セブン営業利益594億円、営業利益130憶円(4.5倍差)

細かく1位を積み重ねることがいかに重要かという事が良く分かります。

ネットの世界に直すとどうなるか?

1年くらい前までは「実店舗のことだからネットには関係なさそうだな」と思って聞いていたのですが、メディアのノウハウを蓄積した結果、最近考えが変わりました。

私達がここ2年でやってきたのは「ビッグキーワードでの上位表示」だったけど、細かい検索ワードで上位表示を積み重ねることこそが大切なんじゃないかと。

検索でのシェアを獲るという訳です。

そうと決まれば、人材を投入して実績を積み重ねるだけ。ノウハウを蓄積した私達にとって、これは「やったらやった分だけ成果が出る」というやつです。

ちょうどメディアプロデューサーを募集していますが、すごくやりがいのある、楽しい仕事だと思います。

ぜひ、ページを覗いてみて下さい。そして少しでも興味を持ったらすぐに応募した方がいいです。こんなチャンスなかなかないですよ。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。