ASEANの繊維業界

今日は福井銀行さん主催のASEAN諸国の進出相談会があったので行ってきました。

ミャンマーとベトナムを中心に聞いてきたのですが、

ミャンマーの方はインフラもまだ整っておらず、洋服を作ろうにも生地が国内に無いので、海外から輸入する必要があり、縫製のみらしく、まだ大企業や商社が手を付けているのみらしいです。

まだ我々が入り込む余地は無さそうでした。

 

一方でベトナムは繊維産業に国がかなり力を入れているらしく、ある程度中国に近いような環境が整っているようです。

そして面白いのが、国内の若手デザイナーや企業家がアパレルブランドを積極的に開発しているらしく、ヨーロッパなどにも積極的に売り込んでいっているそうです。

国や大きな縫製工場もそういった動きを支援しているので、現地の人たちはメイドインベトナムの洋服にかなり誇りを持っているそうです。

ベトナムがこんなにアパレル産業に力を入れているとは知りませんでした。

年内にベトナムへ1回行ってこようと思っています。

何かビジネスの深堀になる、話があるかも知れません。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。