「差別化」ってどうやってすればいいの?

「差別化する」とは具体的に何をすることかというと

 誰に何を売るのか決めることです。

 

「差別化」とは何もないところから生み出されるのではなく、必ず相手が存在して初めて生み出されます。

 

その相手とは、競合他社と思われがちですが、

本来は顧客であるべきなのです。

 

競合他社を相手にした差別化にとどまってしまうと、価格であったり品質であったりの、いわゆる「ポジショニング」にとどまってしまいます。

 

「差別化」の本質とはそうではなく、もっと根本的です。

 

あなたの商売は誰に何を売っているのか明確に説明出来るでしょうか?

すぐに答えられないのであれば、きっと他社との「差別化」は曖昧になっています。

 

差別化できなければ、成功は遠のくどころか、死に向かいます。

 

誰に何を売るのか決める

言葉で聞くと簡単そうですが、いざ決めるとなると難しい。

しかしここが決まれば、「差別化」や「競争戦略」の半分は終わったようなものです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。