リーダーに必要な資質とは?

ここ最近仲間が増えてきたというのもあり、新しく課長やリーダーになる人が出てきました。これは大変嬉しいことです。

立場が変わる事でこれからいろんな経験をすると思いますが、ぜひ更なる成長をして欲しいと思っています。

そんな訳で今日は「リーダーに求められること」を書きたいと思います。

新しくリーダーになった人へ

皆がついて行きたいと思うリーダー像って?

頭の良いリーダー
計画をきちんと立て、勘ではなく数字を重視し、あまり間違えないリーダー

行動力のあるリーダー
計画は最小限、まずは率先して自分がやってみて、直感的に判断する。よく間違えるが修正も早いリーダー

上記のように定義付けて、同じくらい成果を出しているならどちらについて行きたいと思うか?

「成果が同じなら、行動力のあるリーダーについていく」と答えた人が圧倒的多数でした。しかも仕事の出来る人ほど「行動力のあるリーダー」を支持したそうです。

「まずは率先してやる」「間違えたら素直に修正する」。自らがお手本になろうとする姿勢が支持された結果でしょう。

この結果から人は、「能力の有る人」ではなく「人間的魅力がある人」についていきたいということが分かります。

リーダーに必要なのは”人間的魅力”である

稲盛和夫さんの言葉に「人の上に立つ者には才覚よりも人格が問われる」とあります。

確かに人間的魅力がある人は、何だか助けてあげたくなりますよね。

かの松下幸之助さんも、「リーダーに求められるたった1つの条件は、自分より有能な人が助けてくれるかどうか」だと言っていました。

人間的魅力って?

私が考える人間的魅力とは、「率先して行動し、素直・謙虚であり、相手の立場に立てる人」だと思います。

そして常に”徳”を高めようと意識しなければなりません。

徳とは

徳は人間性を構成する多様な精神要素から成り立っており、気品、意志、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自信、謙虚、健康、楽天主義などが個々の徳目と位置付けることができる。

これは社会的経験や道徳的訓練によって獲得出来る。

”リーダーになる”という社会的経験は徳を意識するとっても良い機会だと思うのです。仕事だけでなく人生においても必ずプラスになるでしょう。

ドラフトを“人間的魅力”を持った人が沢山いる企業にしたい

リーダーに限らず、仲間全員が人間的魅力溢れる人間だったら最高ですよ。

じゃあどうすればそんな企業になれるのか?

リーダーとは「リードする人」という意味。仲間を良い方向に導く、仲間に”良い影響”を与えるお手本でなければなりません。

リーダー自らが人間的魅力溢れる人間になろうと行動することで、自然とドラフトの企業文化になっていくのです。

そんなことを意識してリーダーを務めて頂けると大変嬉しいです。

ドラフトが少数精鋭の優秀な組織になれるかどうかはリーダーである皆さんにかかっています。一緒に最高の企業にしましょうね!

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?