差別化は時間をかけて長期的にやる方が良い

差別化はユーザー目線に立って考える方がよいということを書きましたが

今日は、さらに踏み込んでみます。

 

差別化を先手必勝で行えば、有利になりますが、すぐに競合が真似してきます。

真似を防ぐ為には、差別化を単発で終わらせてはいけません。

差別化は時間をかけて、長期的に、かつ継続的にする方が良いです。

 

長期的に差別化を行なう事で

どんどん真似しにくくなるし、競合は気づきにくくなるのです。

 

誰よりも先に差別化を始めても、すぐに真似されてしまっては意味がありません。

深堀りを続けていく事で、真似されることのない差別化になっていきます。

 

深堀りするなら、何個も穴を掘るのではなく、1つの穴を掘り続ける方が良いですね。

誰も真似できない、追いつけないところまで1番に掘り進めるのです。

1つに集中と継続です。

 

1つの例としてお客さんとの関係の深さなんかは、競合が気づきにくく、すぐに真似できないですよね。

今後、ネットショップの価値はアクセス数などではなく、お客さんとの関係の深さがポイントになってくる気がします。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。