「30豪雪」今日の状況と、今回を教訓にして出来ること。

LINEで送る
Pocket

↑写真は本日のドラフトの様子です。

2018年2月5日~7日にかけて福井県では大雪となりました。

昭和56年にも同じくらい雪が降ったそうで「ゴーロク豪雪」と言われていますが、今回はきっと「サンマル豪雪」となるのでしょう。

昨日は大雪にも関わらずほとんどの社員、そして出勤できるパートさんが出社してくれました。

家から動けない社員を迎えに行ってくれる人がいたり、駐車場がないだろうからと言って歩いて来てくれる人がいました。

こういう時にこそ人間関係、チームワークの良さが真価を発揮すると思うんですよ。みんな素晴らしい行動でした。

出勤したものの雪は降りやまず

昨日は一気に積雪した為、市道の除雪も間に合わず。配送業者も集荷キャンセル、持ち込んだとしても出荷できるか分からないような状況。

しかも朝から雪が降りやまず、このまま夕方まで仕事をしていたら帰れなくなると判断し、午前中で業務を切り上げました。

そして、翌日もおそらく出社出来ないだろうと判断し、在宅勤務出来る人は必要なものを持って帰ってもらいました。

もっと在宅勤務が出来る環境を整えておくべきだったと反省

ネット通販ですのでパソコンさえあればほとんどの仕事が完結します。

以前からGoogleのサービスやDropboxを使ってクラウド化はしていたつもりだったのですが、いざこのような状況になって初めて、全員がいつもの業務が在宅で出来るとは言えない環境だったと痛感した次第です。

これを機にクラウド化をさらに推進しようと決意しました。

今日のドラフトの前の道路

周りは田んぼなのですが、境目が分からないくらい雪が積もってます。

車は四駆のSUVですから大抵の積雪ならば突っ切れますが、さすがに今日はこのまま行ったらハマりますね。

あわら市内の主要な道路もまだ除雪出来ていないところが多いので、ドラフトの周りは少しづつ人力でやるしかありません。

また皆で頑張りましょうか!

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?