マジョリティー(多数派)に支持されるにはどうしたら良い?

昨日のブログでは、新しい事を普及させるには「なぜこの事業をやっているのか」が明確になっていないといけないという事を、イノベーション普及の法則を例にして書きました。

では、「なぜ」をどのように説明するとより効果が高いのでしょうか?

 

まず「イノベーション」がどのような過程を経て普及するのかを見ておきましょう。

図

1.イノベーター(革新者)2.5%
2.アーリーアダプター(初期採用者)13.5%
3.アーリーマジョリティ(初期多数派)34%
4.レイトマジョリティ(後期多数派)34%
5.ラガード(遅延者)16%

となっており、

イノベーターはその製品が実用的であるかにかかわらず、目新しさを支持して購入するため、市場が共感するかは別なのですが、

アーリーアダプターはそのサービスが提供する新しい価値や実用性に着目して購入するため、この層に支持されて初めて市場に受け入れられたと言えます。

そして、一般的にアーリーアダプターは社会において他の消費者への影響力が強いと言われています。(ネットで言うとSNSやブログでファンが沢山いる人ですね)

 

まずはアーリーアダプターにアプローチする事が大切なのですが、

アプローチのポイントは以下の5点です。

1)相対的優位性
2)両立可能性
3)単純性
4)試行可能性
5)観察可能性

ちょっと分かりにくいので、ドラフトがやるべき例に例えてみると、

1)相対的優位性
「オシャレになれる方法」が学べる(他のECサイトにはない)

2)両立可能性
他のアパレルECや、過去に購入した服を否定するものではない。

3)単純性
いわゆる「センス」と呼ばれる言葉に出来ないものを、理論的で簡単な法則にしている。

4)試行可能性
オシャレの教科書は、誰でも無料で読める。商品は無料で返品交換可能。

5)観察可能性
オシャレの悩み相談などをblogで公開して、他者もサービスの内容を観察出来る。

となります。

ドラフトの事業を広めるためにも1つ1つ実行していこうと思います。

最近始めたチャット相談サービスもなかなか好評で、いろんな質問が届きますが、もしかすると今利用してくれているのはイノベーターの方かも知れません。

同じように5つのポイントを意識して、マジョリティーにまで拡めていきたいと思います。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。