フェイスマスクに集中し美容業界でシェアを拡大する「ルルルン」

LINEで送る
Pocket

先日の旭酒造に続き、今日も商品を絞り込むことで成功している企業の事例です。

フェイスマスク市場国内シェア42%

化粧品市場でフェイスマスクに集中し業績を伸ばしている企業があります。

ルルルン

発売元:グライドエンタープライズ

化粧品市場は大手メーカーが強いイメージですが、そこでシェア42%ってすごいですよね。

どのような戦略で売上を拡大していったのか紹介します。

毎日使う化粧水の代替品としてフェイスマスクを提案

フェイスマスク、パック→週に1回〜2回

化粧水→毎日

なぜ毎日フェイスマスクやパックをしないのかというと値段が高かったり、手間がかかるから。おそらくここがフェイスマスク市場が伸びない理由だったのでしょう。

しかしルルルンは毎日使うフェイスマスク。ここが今までのフェイスマスクと1番違う点です。

値段は1,620円(税込)で36枚

つまり1日あたり約50円という計算。しかも10分で良い。

これなら毎日続けられそうですね。

売っている商品は従来と同じなのですが、切り口を変えた訳です。

フェイスマスク=特別なケアという概念を打ち破った

最初は通販でのみ販売していたそうですが販路拡大の為、現在は全国のドラッグストア約1万店でも販売しています。

低価格と合わせて「いつでもどこでも買える」ルルルンはフェイスマスク=特別なケアという概念を打ち破り新しい市場を作り出したと言えるでしょう。

累計3億枚以上売上たそうで、1枚@50円とすると150億円。

2009年創業と買いてあったので、現在は年商15億円以上あるでしょう。

フェイスマスクに集中したからこそ作り出せた市場だと思いますね。

ご当地ルルルンでファンを増やす作戦

もう1つ上手だなぁと思ったのがご当地限定ルルルンです。(沖縄、北海道、京都、栃木、ハワイで販売)

これって購入する目的は「お土産」ですよね。そうするとこういう事が起こります。

愛用者:友人にお土産で渡す。

友人:「これいいわぁ。私も毎日使お!」

1粒で2度美味しいんですよ。ご当地ルルルンの売上は全体の12%も占めているそうですよ。

ルルルンの社長さんはやり手ですね。

戦略を学ぶと売れてる商品を調べたくなる

今日紹介したルルルンの事例は、先日女性スタッフが教えてくれたものでした。

ドラフトは毎日の朝礼で戦略を勉強しているので、自然と戦略目線で調べちゃうんですよね。

とってもよく調べてあったので、そのままブログに使わせてもらいました。

そんな彼女の連載「マイチのモテ服コラム」はこちら

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?