3歳の娘が全く後片付けをしないので、工夫したこと

私には3歳になる娘がいるのですが、

出したら出しっぱなしで、後片付けをしないんですね。

どう説得しても、嫌がって片付けません。

 

結局、自分達が片付けてしまうのですが、

これじゃあダメだろうと、いろいろ考えてみたのですが、

オモチャの数が娘のキャパを超えているのではないか?

と思ったんです。

 

そこで、一旦オモチャを押し入れに片付けてしまい、数をかなり減らしました。

こうなると、オモチャを出そうと思っても出せませんから、散らかりようがありません。

翌日から量が少ないからか、ちゃんと片付けをする様になったんですね。

で、本人も「ちゃんと片付けしたよ~」と嬉しそうに言ってきます。

そして、めちゃくちゃ褒めてあげます。

 

たまに思い出したように、「あのオモチャはどこ行ったの?」と聞いてくる時がありますが、

ちゃんと片付けするという条件で、押し入れから出してあげます。

もちろん片付けなければ、また押し入れにいれちゃいます。

 

やらなければいけない事や、決め事が守れない場合は、ハードルを下げてあげると上手くいく場合があるんですね。

 

これは大人も同じです。

私も腕立て、腹筋、背筋を毎日続けているのですが、

始めたばかりの頃は気合も入っているので、回数のハードルを上げます。

ところが、気合いは続かないもので、今日は嫌だな~と思う日が出てきて、ついにやらない日が出てきてしまいました。

 

そんな時に思い切って回数のハードルを下げてみたんです。

そうすると、また毎日続くようになりました。

 

ハードルが高い場合は、止めてしまうのではなく、

毎日続けられる、習慣に出来るレベルにまでハードルを下げればいいんです。

その代わり、継続は絶対にやめちゃダメです。

続ける内に少しずつハードルを上げればいいんですよ。

 

続けるのが大切です。

大人も子供もおんなじですね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。