ライバルの情報は集められるだけ集めよう。帝国データバンクは便利

日曜日に「下町ロケット」というドラマをやっていますが、とっても面白いですよね。

同じ原作者の「半沢直樹」と同じくらい面白いです。

 

面白い要因としてはいろいろあると思うのですが、

「ライバルや敵がいるから」というのもその1つだと思います。

591 1cddbaab images

劇中のキャラは過剰なくらい際立ってますが。

 

こういったライバルがいるからこそ、

絶対負けたくないという思いが、次への原動力に繋がります。

 

もちろん、ドラフトにも同業種でのライバルがいます。

具体的には4社程。

 

ライバルと戦おうとした時は、相手の戦略をキッチリ分析しておかなければいけませんし、

ライバルの情報は集められるだけ集めた方が良いです。

 

そんなわけで私は今日、ライバルがどんな売上で、どれくらい経常利益が出ているのか調べてみました。

帝国データバンクのサイトで1社490円(税込)で簡単に調べられます。)

 

調べてみると分かるのは、

自分と違う戦略をとっているライバルは、どんな結果なのか?

が良く分かります。

そこから自分達の有利な点や、違いなどを想像していき、戦略の強化に使うのです。

 

ライバル企業が具体的にある場合は、ぜひやってみる事をオススメします。

意外な程、得るものがありました。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。