中国の経済は悪化してる?中国の友人に聞いてみた

今日は中国の大切な友人が、ドラフトに遊びに来てくれました。

今では日本の大学の教授になり、ビッグデータの解析を研究しています。

 

ECサイトのビッグデータ研究にドラフトのサイトも協力する事になった訳です。

リピート分析などの研究をしてくれるそうで、私達にもメリットがありますね。

中国ECの現状なども聞いて、大変有意義な時間でした。

 

 

またその事は今度書くとして、今日書きたいのは、実はその事ではないです。
せっかくなので、中国経済の景気について、いろいろ聞いてみました。

 

日本で報道されている程、実際の景気は悪くないとの事で、

景気が悪いのは違法な事をしていた会社だそうです。

 

インターネットの普及でそういう情報はすぐに広まるようになったのが原因で、ちゃんとした事をやっている会社は景気が良いのです。

先日インターネットが企業にもたらした変化を書きましたが、これもその1例ですね。

 

 

経済成長率1桁になったとも言われていますが、

それでもその成長率って実は日本のバブル期の頃と同等なのです。

 

 

そんな状態ですから、最近は安いニセモノ品よりも、

プレミアム価格の商品が良く売れるようになってきたそうです。

 

ちょうど今、中国の春節の時期ですが、景気が悪かったらあれだけ爆買いは出来ないですよね。

 

先日株価が暴落したというニュースも流れていましたが、

現地の一般人には特に変化は無いというのが現地の声なのかもしれませんね。

 

経済の成長と人口の増加は比例関係にありますが、

中国経済の勢いはしばらくは止まらないと思うのです。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。