顧客離れを5%改善すれば、その利益率は25%改善される

先日、ある社員が朝礼で話をしてくれたのですが、

5:25の法則というのがあって、

顧客離れを5%改善すれば、その利益率は25%改善されるという法則があるそうです。

その根拠がいくつかあって、

・新規客に商品を販売するためには、既存客に商品を販売する時の5倍のコストが必要になる。

・既存客は紹介などを通じて、新たな顧客を連れてくる可能性がある。

・既存客は次回の購入時に、前回よりも高額な商品を購入する可能性が高い。

・既存客には新規客のように商品説明が不要になるケースもある。

新規客を開拓するよりも、現在抱えている顧客が離反する率を下げることが、企業の収益を上げる為には重要という考え方です。

これは、その通りだと思いますね。

という事で、

①私達流の「離脱の定義」を決める

②離脱してしまった顧客を洗い出す

③離脱客がどうすれば戻ってきてくれるか考える

④上手くいくまで繰り返す

を実行に移そうと思います。

その中で、1つ条件があります。

私達の戦略に沿うならば、離脱客を復活させる方法として、「クーポン」や「送料無料」などの値引きは行わないという事です。

さて、どんな方法を採ったらよいでしょうか。

折角なので、担当は5:25の法則を教えてくれた本人さんにお願いしようと思います。

とっても良い事を教えてくれました。

また1つ深掘りになりますね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。