新しいアイディアを生み出す方法とは?

ある社員からこんな本を貸してもらいました。

本 考具 ―考えるための道具、持っていますか?

(彼は最近、どうやら新しいアイディアを生み出す方法に興味があるようで、前回もそんな本を貸してくれました)

 

心に残ったのは大きく2つです。

 

人はすぐ忘れる。だから思いついた事はどんな小さな事でもすぐにメモすること。

確かに業績の良い会社の社長さんを見てると、よくメモしているのを見かけます。

とある社長さんは1日1ページ埋まるそうですよ。

メモした中から使えるアイディア、使えないアイディアを選りすぐるのです。

 

新しいアイディアとは、既存のアイディアを組み合わせたもの。または少しだけ変えたもの。

今週の土曜日に経営計画発表会を行うのですが、来期力を入れる事の90%は、

今までやってきて成果が上がった事の深堀りです。

この中の事を組み合わせたり、少し変えるだけで、新しいアイディアって生まれそうだな。確かに今までもそんな事あったなと思いました。

 

 

この2つ、別に特別な事ではないと思います。

差が出るのは、実際にちゃんとやっているかどうか。

 

結局はこういう事が大切なのだと、今回の事に限らず思いますね。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。