そろそろ賞与の時期ですね。

7月に入って急に暑い日が続くようになりましたね。

私達アパレル業界にとっては、暑い寒いは大歓迎なのです。

 

そして7月といえば賞与の時期ですね。

ドラフトでは1月~6月の業績で賞与の総額を決定するのですが、1人あたりの支給額を昨年と比較して120%くらい増やす事が出来そうです。

 

賞与が昨年よりも多いというのは受け取る側も、渡す側も嬉しいもんですね。

皆さんよく頑張ってくれました。ありがとう!

 

その変わりと言っては何ですが、下期から新しい取り組みを始めようと思っています。

会社の戦略は皆さん理解してくれていると思いますが、下期からは「戦略上の課題」も皆さんに共有いたします。

 

戦略があれば、必ずいくつかの課題が出てきます。

課題解決の為の「作戦」、もしくは作戦を成功させる為の「戦術」を一緒に考えて欲しいのです。

 

社長1人で「作戦」や「戦術」を考えて指示出ししていても、いつか限界がやってきます。

じゃあいっそ課題を共有して、解決策を考える人を増やす方がいいなと思ったわけです。

 

何で今までこんな簡単な事に気付かなかったのかというと、課題を紙に書きだしてちゃんと考えていなかったからですね。

最近ある人のアドバイスで、課題を書き出すという作業を行い、頭が整理出来ました。

 

 

という事で、今後は「作戦」レベルで提案できる人、または「戦術」を提案できる人を沢山増やしていこうと思っています。

ほとんどの人が自分が新しいアイディアや取り組みを提案したいと思っているはずです。しかし、アテもなく考えてたとしても、なかなか新しいアイディアは思い浮かびません。

そんな時に、「この課題を解決する為のアイディアが欲しい」と言われたらアイディアはグッと考えやすくなるはずです。

そして、そのアイディアが「自分がやりたい仕事」と絡める事が出来るなら、なお良しですね。(もちろん数値化は必須ですが)

 

新しい取り組みをどんどん生み出して、すぐ形にして、ダメならすぐ変えて。

下期はそんな事を皆で取り組みたいのです。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。