ブランド価値を取るか、販売数の多さを取るか。どっちを選ぶ?

【売価100万円のブランド物バッグ 原価は10万円 粗利は90万円】を販売するとします。

【Aパターン】
100万円で販売数100個だと、100個✕90万円=粗利益9,000万円

ところが100万円だとなかなか売れない。もう少し安ければもっと売れるんじゃないかという事で、

【Bパターン】
80万円で売ったら販売数200個に増えるとします。
200個✕70万=粗利益1億4,000万円

 

さて、Aパターン、Bパターンどちらが良いでしょうか?

これは迷う人沢山いると思いますし、現実的にこういった選択をしていく機会って結構あると思います。

だってBパターンは粗利益が5,000万円も多くなるんですから。

 

しかしこれ、どちらが良いかという答えはありません。

自社の戦略によって変わってくるからです。

 

例えばAパターンを選ぶとするならば、短期的な粗利は減るかも知れません。

Bパターンを選ぶとするならば、ブランドの価値は下がるでしょう。

 

こういった判断は、自社の戦略が何なのか?長期的目線で判断するべきです。

 

今日の朝礼で数人に、「あなただったらどっちを選ぶ?」と質問してみたところ、全員がAパターンを選びました。

 

そうなんです。我々はこれからDRAFTというブランド価値を高めていく必要があるのです。(価格が高いブランドではないです)

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。