「戦略上の優位性を追求する事」が経営者の役割

競合他社に対して優位な状況に立つ方法を考える事は経営者の重要な役割の1つです。(優位性を保つ方法」は主に3つ、安い、他にない、密着する)

そしてもう1つの重要な役割が、「戦略上の優位性を深掘りすること」です。優位性を保ちたければ、常に努力しなさいという事ですね。

では、どうやって優位性を深掘りすれば良いいのか?という事ですが、自分でああだこうだと考えて思いつく人は戦略の天才です。そうじゃない人(私ですが)は先人が考えてくれた「優位性を深掘りする方法」を学ぶ事が1番てっとり早いです。

 

学ぶのに1番オススメの方法は「成功や失敗の事例」が書かれた本を読む事。結局これが1番手っ取り早い。

もっと具体的に言うならば、同じ業種業界で上手くいっている企業とそうじゃない企業の違いは何なのか?を徹底的に調べること。

優位性と言っても、外部的な要因、内部的な要因、様々あるので、「徹底的に」調べないと意味が無いです。

例えばユニクロが成功してるのは安いからだよね、で終わっていては得られる事は少ないでしょう。

経営陣の方、もしくはそういった部分に関与したいと考えている方は、そういったいくつかの事例、方法を学んでおくべきでしょう。そしてつまりそれが、「有効な作戦や戦術」を考えだす能力になっていくのです。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。