いろんな事が無料化されてますが、人々の暮らしは豊かになったか?

ITが発達すると共にいろんなコトが無料になりました。

たとえばGoogleマップがあればカーナビはいらないし、乗り換え案内もいらないです。

スマホのゲームも基本無料ですよね。

DVDもレンタルする機会が減って、ネットで見る機会が増えていたり。

WEB上のストレージだって無料(DropBoxとかEvernoteとか)

オンライン通話だって無料(Skypeなど)

ワードやエクセルだって無料です。

 

これらは全て、ひと昔前だったら確実に有料だったサービスですよね。こんなに無料のサービスが増えたんだから、自由に使えるお金って増えてるはずですよ。

しかし実際は無料になったからといって、自由に使えるお金が以前よりも増えたなんて事はないと思います。

 

じゃあそのお金はどこに消えているのか?

答えは「インターネット」や「端末」へだと思います。もっと言うと「スマホ」ですね。皆さん以前に比べてここに使うお金が増えているのではないでしょうか。

結局はインターネットに接続する支出を増やさなければ、無料の便利なサービスは使えないという事です。

 

しかしこれから先はインターネットに接続する費用はどんどん安くなっていくでしょう。場合によっては「無料」なんて事もあり得ると思います。

何でも「無料」になっていく世の中で、「有料」のサービスを提供するのならば、業種を問わずますます競争は激しくなっていくでしょう。

特にインターネットの世界はスピード感が8倍くらいになります。本当に価値のある物を提供しなければ、価格競争や他業種からの参入によりすぐに淘汰されてしまうでしょう。

そんな事をSIMフリーに変えてから思うようになりました。これもスマホを海に落としたお陰ですね。

 

そして先日の月イチ勉強会では、「しっかり準備して挑戦したものだけが成長していける」と習いました。

私達も秋から「商品を絞る」という挑戦をしていきますが必ず形にして、より価値あるサービスにしていきたいと思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。