何かもらうとお返ししたくなる心理を突いたマーケティング

プレゼント

これは出来る営業マンに共通している事だなと思うのですが、何かを売り込む前に、無料で何らかのサービスをしてくれます。

それは試供品やサンプル品をくれるといった事ではなくて、困っている事を解決してくれるとか、プレゼントをくれるとか。

今まで出会った営業マンで一番すごいなと思ったのは、出会った時に「メンズモデルの募集に困ってるんですよ」と話をしたのですが、その1週間後に電話がかかってきて、「今、大学の学園祭に来ていてモデル募集のチラシまこうと思って作ったのでデザイン確認してもらえますか?」という営業マンでした。

こりゃあとんでもない営業マンだなと思いましたね。お返しに何かしてあげよう、何か売りにきたなら買ってあげようと思ったものです。

 

まさに「何かもらうとお返ししたくなる心理」です。

 

しかしこれって営業だけじゃなくて、小売業などのビジネスでも使えると思います。

パン屋なら、ラスクを無料でプレゼントする

花屋なら誕生日に無料で花束をプレゼントする

靴屋さんなら無料で靴磨きをする

 

プレゼントされた側は、長期的な顧客になる可能性がかなり高まるでしょう。

これって立派なマーケティングだと思います。

 

ドラフトでも何か「何かもらうとお返ししたくなる心理」を使えないかなと考えてみたところ、「チャット相談」が当てはまるのかなと思います。

これから先は以前紹介した「りんな」のようなAIでのチャットが主流になっていく可能性がありますが、逆に相手の顔が見えるチャットは差別化になり得るのかも知れません。

だったらなおさらこの「チャット相談サービス」を広めていく方法を考える必要があるなと思うのです。

 

プレゼント

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。