AIは人の仕事を奪うけど、きっとまた新しい仕事が出てくる

AI

先日社員旅行で富岡製糸場に行った時の話です。

富岡製糸場が出来た当初は糸を精製するのに人の手を使っていたのですが、

後半になると、このような糸を自動で精製する機械が出てきます。

なんとこの機会を使うと今まで10人かかっていた作業が1人で出来てしまうという、驚異的なマシーンです。

このマシーンが出てきた時って、おそらく当時働いていた工女さんたちは「自分の仕事が無くなる!そんなの困る!」と騒いだでしょう。

 

しかし、現在でも機械化で職を失った人が溢れているなんて事はありませんよね。

なぜかと言うと、こういう風にテクノロジーで人の手が空くと、必ず新しい仕事が出てくるのです。例えばサービス業なんていうのは最近になって出来た業種ですよね。

「AIの発達で仕事が無くなる」なんて話もありますが、きっと富岡製糸場の例も同じ事なんじゃないかなと思いながら説明を聞いていました。

 

そしてそれはドラフトも同じで、ひと昔前とくらべるといろんなところで省人化が進みました。

しかし新しい仕事もどんどん出てくる訳で、今後は毎年新入社員を入れていくようにしようと思っています。

もちろんパートさんも絶賛募集中ですので、身近に良い方がおられましたら是非ご紹介下さいませ。

AI

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。