初めてから1年間で10万PVを超えるようになった自社メディア

昨日WEBメディアについてのブログを書きましたが、紙媒体の場合、1つだけ見たい記事があるんだけどな~という場合は、なかなか1冊を購入しようとは思いませんよね。なので必然的に1冊全体の完成度を高める必要がある。

ところがWEBメディアの場合は、言い方は悪いですが全てが良い記事である必要はなくて、優秀な記事が1つあれば良いという場合があります。必要な部分だけ切り売りができる。1つの優秀な記事があるなら、その1つの記事に集中して高めていくという事が可能な訳です。(結局そのほうがアクセスが伸びたりします)

例えばこれ。ユニクロで「これを買ってはいけない!」ランキング

多くの方が興味ありそうな内容ですよね。こちらの記事だけで、かなりのアクセスがあったそうです。1冊の本に集中するより、1つの記事に集中した方が強いという、集中と継続の法則がここでも活きてくるのです。

 

自社メディアが大切ですよという内容は詳しい人なら1度は聞いたことのある話だと思います。

私もそうでした。そしてずっと実行していなかった。

そこを変えるんだ!ということでコツコツと少しずつ始めたら、なんと月間アクセスが10万PVを超えるようになったのです。

同じ話を聞いて、始める人と始めない人でまず差がつく。始めた人でも続けて精度を上げた人とそうでない人とではまた差がつく。

去年1年間を通して学んだ事でした。

私達の自社メディアはまだまだ精度を高めていく必要がある。そしてまだまだ成果が出せます。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。