数字を見える化して良かった事

経営の数字を見える化して1年くらい経ちますが、良かった事はやはり数字を意識してくれる人が増えた事です。

なぜ~しなければいけないのか?という事も数字を共有しているのでスッと理解してくれているなという思う事が多くなりました。

そして、数字も目に見えて良くなってきた。

経営の数字を見える化すると、外部に漏れる可能性があるというデメリットはありますが、数字を見てやる気を出す人が増えるメリットの方が大きいと聞きました。

確かにその通りだという感想です。

一度見える化すると、何でも共有しようという気持ちになれます。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。