5カ年計画の作り方

大昔は未来を予知出来る人が、大王になったそうです。(卑弥呼とか)

今年は豊作だとか明日の天気はどうだとか、何かしら未来の事を知る事ができると人間は安心するんだと思います。

 

きっとそれは現代でも同じで、数年先を計画出来る人に皆ついてくるのです。

王様でも、政治家でも、県知事や市長でも。

 

経営者も同じです。

 

そこで私は今年から5カ年計画を作成することにしました。

売上、利益はこうなっていて、人数は何人で給料はこれくらいになっている。

こうすると皆、安心するし、やる気も出ますよね。

 

今までは当年だけ、よくて1年先までの計画でした。

5年先の売上計画なんて作るの無理だと思っていましたが、5年先まで見れるようになったのは2つ理由があります。

 

1つは、戦略・戦術がハッキリしたので、やるべき事の精度を高めていけば成長できると自信が持てたこと。

もう1つは、利益にフォーカスし、利益から逆算して計画を作るようにしたことです。

 

いきなり5年先の計画を立てろと言われても、それは難しいです。

無理やり立てたとしても根拠も自信もないでしょう。

 

戦略・戦術を明確にするメリットはこんなところにもありました。

まずは戦略・戦術ありきなのです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。