ヤマト運輸のLINEは思った以上にAIが便利

AIが想像以上に進化している

今日ヤマトから荷物が届いたのですが、あいにく不在でした。(配達員の方すいません…)

で、再配達の依頼をしようと思って電話しようと思ったのですが「ヤマト運輸のLINE」があったのを思い出しました。

ヤマト運輸とLINEで友達になると、このようなメニューが使えるようになります。

試しに”再配達依頼”を押してみたのですが、以下は実際のやり取りです。

1分もかかっていません。なんてスムーズなやり取りなんだと感動しました。決まったやり取りならば、LINEを使ったAIでもここまで出来るんですね。

私達もLINEを使ってチャット相談をしていますが、注文の変更やキャンセル、再入荷のお問い合わせなど、決まったやり取りならば、きっと一般の中小企業でも2年以内に導入出来ているだろうなと思います。

少数精鋭を目指す私達は、こういった部分をいち早くAI化していきたいと思います。その上で私達にしか出来ないサービスをより強化していきたいですね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。