出店者にとってamazonが楽天よりも怖い理由

 両者の最大の違いはamazonは自分達も物を売っている点

これが最大の違いであり、出店者にとって最も恐ろしい点です。

例えば「amazonに取り扱いのない家電」を自社で売っていたとします。最初はamazonにない商品なので広告も目立つところに出してくれるなど、販売しやすい環境を作ってくれます。

しかし、もしその商品が売れてきたら要注意。なぜならamazonが自分で仕入れて販売してくる可能性があるからです。

そうなると価格競争になるか、広告で有利なポジションがとれなくなる可能性があります。そして以前より売れなくなる。

amazonは差別化がしにくい

実は最近、上記のような事例を聞く事が増えてきました。

誰でも仕入れる事が出来る物を売っているならば、どこかで差別化しなければいけませんが、amazonの構造上やりにくい。

お店のTOPページが実質無いようなものなのでお店の名前も覚えてもらいにくい。リピーター獲得が最も難しいモールかもしれません。

そう考えると、まだ楽天の方がページや販促活動で差別化しやすいです。

amazonからすると「amazonモール自体」でリピートしてくれれば良い訳で、しかも自分達で商品を仕入れ、在庫を積んで、販売し発送するところまでやっているのですから恐ろしいです。

amazonに出店している店舗の最大のライバルはamazon自身になる可能性があります。

もし販売している商品が「他社も仕入れる事が出来る」「代替品が沢山ある」ならamazonへの出店はよく考えた方が良いかもしれません。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。