「差別化」ってどうやってすればいいの?

「差別化する」とは具体的に何をすることかというと

 誰に何を売るのか決めることです。

 

「差別化」とは何もないところから生み出されるのではなく、必ず相手が存在して初めて生み出されます。

 

その相手とは、競合他社と思われがちですが、

本来は顧客であるべきなのです。

 

競合他社を相手にした差別化にとどまってしまうと、価格であったり品質であったりの、いわゆる「ポジショニング」にとどまってしまいます。

 

「差別化」の本質とはそうではなく、もっと根本的です。

 

あなたの商売は誰に何を売っているのか明確に説明出来るでしょうか?

すぐに答えられないのであれば、きっと他社との「差別化」は曖昧になっています。

 

差別化できなければ、成功は遠のくどころか、死に向かいます。

 

誰に何を売るのか決める

言葉で聞くと簡単そうですが、いざ決めるとなると難しい。

しかしここが決まれば、「差別化」や「競争戦略」の半分は終わったようなものです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。