苦渋の決断

当月必要なモノは当月必要な分だけ仕入れるのを私達は今後の目標としました。

 

今まで無計画に仕入れをしてきてしまった経緯があり、痛い思いもしてきたからです。

その中に、去年過剰に仕入れてしまった商品が375万円もあります。

この商品はこのまま置いておいたとしても、なかなか売れず赤字覚悟で売らなければいけません。

幸いにも買い取ってくれるメーカーさんが見つかり、売却する事にしました。

 

しかし、245万円もの損失です。

 

苦渋の決断を行いました。

何年もかければ、損失は0にする事は出来たかもしれません。

 

しかし、倉庫のスペースは取る、在庫管理や棚卸しにもコストがかかる

キャッシュフロー、資金が眠ってしまうという観点から決めました。

 

同じ失敗を繰り返さない為にも、「マウンテンパーカー事件」として記憶し、忘れる事の無いようにしていきたいと思います。

在庫の管理を徹底していくという決意が固まりました。

210万円の授業料は高くつきましたが、失敗を必ず活かします。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。