お菓子企業は戦略名人が多い!5社とも増収増益なのです。

LINEで送る
Pocket

昨日は勉強会でお菓子業界のことを調べていたのですが、以下の事が分かりました。

お菓子業界は皆が上手く棲み分けている

1社ずつ見ていきましょう。

*資料の単位は(億円)です。

森永

有名なお菓子
キャラメル チョコボール ダース ハイチュウ チュコモナカジャンボ ミルクココア

森永は1918年(大正7年)に日本で初めてミルクチョコレートを発売した企業で、以後もチョコレートの研究を続けています。

自社の強みである甘いお菓子に集中しており、スナック系のお菓子は扱っていません。

カルビー

有名なお菓子
ポテトチップス かっぱえびせん じゃがりこ サッポロポテト

カルビーといえば皆んな大好きポテトチップスですが、1975年にうすしお、1976年にのりしお、1978年にコンソメの順に発売されました。

じゃがいもを原料としたお菓子に集中しており、甘い系のお菓子は扱っていません。森永とは逆の商品展開ですね。

ブルボン

有名なお菓子
ルマンド アルフォート ガトーレーズン ぷちシリーズ

ブルボンの商品構成はビスケット系のお菓子が多いです。

チョコレートでもない、スナック菓子でもない、ちょっと高級感のある独自の商品を展開しています。

明治

明治は他の3社とは売上の桁が違います。

というのも、美味しい牛乳やブルガリアヨーグルトを中心とした乳製品が売上の6割近くを占めているんです。

お菓子事業だけの業績がこちら。(2014年と2015年はデータ見つからず)

有名なお菓子
meijiチョコ 果汁グミ アポロ きのこの山 カール

明治のお菓子は小粒で手軽に食べられる商品が多いです。

ちなみに「カール」は日本で最初のスナック菓子だそうですよ。

グリコ

グリコも明治と同じくお菓子の売上は全体の3割です。

で、お菓子部門だけの売上がこちら。

有名なお菓子
ポッキー カプリコ プリッツ

グリコは”棒状のお菓子”が得意なようですね。形で差別化しています。

戦略上手なお菓子企業

各社ともにライバル企業が得意なカテゴリーに低価格で攻めていくなんてことはせずに、なるべく戦わない戦略を採っています。

その証拠にどの企業も増収増益を続けていますよね。

いろいろ調べてきましたがこんな業界、なかなかないですよ。

戦略とは相手を打ち負かす為にあるのではなく、戦いを避ける為にある。

孫氏が言う理想の戦略の通りですね。

次回お知らせ

お菓子業界の異端児、”米菓”に集中した亀田製菓の業績を調べてみた。をやってみます。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?