美容業界日本一の「プラージュ」とはどんな会社なのか?

LINEで送る
Pocket

店舗数、売上で日本一の美容室を調査

昨日から美容業界のことを取り上げています。

激戦!開業して3年で90%が閉店する“美容室業界”の上場4社を調べてみた

2018.07.03

そうしたところ、サンテ美容室の山口さんから「美容業界のトップはプラージュだ」と教えて頂きました。

プラージュの特徴

美容室に行く時は「予約」しますよね。そして、予約して行ってもお店で待たなければいけない。

これが普通です。

しかしプラージュは予約もいらないし、待たなくていい美容室なんです。(来店順の受付)

キャッチコピーは「親切 ていねい 待たずにできる店」

美容業界の”普通”をくつがえしたお店です。

料金はこんな感じです。

カット(ブロー付)1500円

パーマ(カット・ブロー付)3000円〜

これ、安すぎじゃない!?

業績は以下の通りです。

売上高336億円

店舗数716店

従業員5900名

JASDAQ上場のアルテサロンが売上175億円 309店舗

東証1部の田谷が売上105億円 123店舗

ずば抜けてますよね。しかしちゃんと利益が出ているのかが大切です。

プラージュの収益率を出してみよう

プラージュは上場企業ではないので利益は分からなかったのですが、昨日集めた田谷のデータから推測してみたいと思います。

1店舗あたり利益 田谷の場合

売上8537万円

人件費3770万円

経費3073万円

美容材料費324万円

利益1370万円

田谷にはちゃんと利益が出る店舗が123店舗もあるのに、本部経費を引くと5000万円の赤字な訳です。

では、プラージュの1店舗あたりの利益はどうなのか?調べてみましょう。

プラージュの数字を推測

1店舗あたりの売上

336億円÷716店舗=4693万円

1店舗あたりの人件費

従業員数5900名÷716店舗=8.2名

田谷の有価証券報告書によると平均年収は325万円だそうです。

プレージュの採用ページにはこんな事が書いてありました。「美容業界年商日本一だから給料も日本一」

これを基に1人あたりの人件費を325万円として計算してみました。

1店舗あたりの人件費

 325万円×8.2名=2665万円

「売上ー人件費」を田谷と比較するとどうなるでしょうか。

1店舗あたり 売上ー人件費を比較

 田谷 4767万円

プラージュ 2028万円

ここまで見ている感じだと「プレージュは儲かっていないんじゃないのか?」とすら思えますね。

プラージュがこれで利益を出そうとするなら、経費と美容材料費を削りまくるしかない訳です。

因みに田谷の場合はこんな感じでしたね。

 1店舗あたり利益 田谷の場合

売上8537万円

人件費3770万円

経費3073万円

美容材料費324万円

利益1370万円

いったいどんなカラクリがあるのか?

長くなってしまったのでまた明日。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?