8月にやった月1テストの問題がこれ

LINEで送る
Pocket

売上10,000円 原価4,800円 販管費3,600円とする
※小数点が出ないように四捨五入

Q1 ”粗利益”を求めよ

 

Q2 ”粗利益率”を求めよ

 

Q3 ”原価率”を求めよ

 

Q4 ”営業利益”を求めよ

 

Q5 ”営業利益率”を求めよ

 

売上を100とし、A社の粗利益は30、B社の粗利益は60とする(商品は同じとする)

Q6 ”安さの戦略”を取っている企業はどっち?

 

Q7 A社が利益を出そうと思うなら、販管費はどうするべき?

 

Q8 ドラフトはA社、B社どちらに近いですか?

 

Q9 販管費の中から思いつくものを3つ挙げて下さい。

 

Q10 商品ページに1360人が来て48人が購入した。この時のCVRを求めよ
小数点第1位まで出して下さい。(それ以降は四捨五入)

 

普段これらの数字を扱っている方からすると簡単な問題でしょう。

でも、全員が理解している企業ってほとんどないと思います。

自分が働いている企業がなぜその粗利益、販管費でやっていて、その結果、営業利益がどうなっているかを理解した上で業務に取り組むって大切なことだと思うんです。

今回のテストの平均点は92点でしたが、全員100点にしますよ!

⑥ドラフトで働くならば知っておくべき5つの数字

2018.08.23
LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?