【直営vsFC】フランチャイズ展開の弱点を見つけました

LINEで送る
Pocket

直営とFCはどっちが良いのか?

前回、”直営”で拡大するドラッグストアが、”FC”で拡大するコンビニ業界に進出してきている。という記事を書きました。

コンビニに対抗できる業種はドラッグストアか?

2018.10.25

FCメリット→店舗展開が早い(出店費用、人材採用はFCオーナー負担)小売というよりメーカー。

直営メリット→働く人の時給が高い(FCだと加盟店が雇い主なのであまり高い時給が出せない)。接客などのノウハウが蓄積できる。

「両者ともに良い悪いがありどっちがいいのかは分からない」というところで前回は終わりました。

しかし、FC展開の弱点を見つけてしまったのです。

FCの雄、TUTAYAが衰退した理由

FC展開で一気に業績を拡大したTUTAYAですが、現在はamazon、NetFlix、Hulu等の登場により苦戦を強いられています。

ここで出てくる疑問が「なんでTUTAYAはオンラインコンテンツをやらなかったのか?」

答えはFC店舗があるから。やりたくても出来ないんですよ。

そういう意味では先日書いたワークマンも同じ。

ワークマンの営業利益率が19%もある理由を分析してみた

2018.11.19

オンラインショップはすごく使いにくいし、在庫も少ない。

FC店舗があるから、そこまで力を入れられないのでしょう。

「オンライン化したくても出来ない」

これがFC展開の弱点。

その点ユニクロは直営でビジネスを展開していますから、オンライン化にすごく積極的です。

ちなみに…この点に気づいたのは私ではなく、ユニフォームネクストの横井社長。

さすが鋭い分析です。

FC展開を話題にした他の事例

飲食店はFC展開の事例が多いですね。(オンライン化出来ないという弱点も今はまだそこまで重要ではない)

コメダの営業利益率が30%超!の理由を調べてみた

2016.10.18

マクドナルドの業績が3年ぶりに黒字化できた理由とは?(1年越しの答え合わせ)

2017.02.13

いきなりステーキを運営する会社の実態を明かそう。前編

2017.08.08

洋菓子業界の革命児「シャトレーゼ」を知ってますか?

2017.10.18

ワークマンの営業利益率が19%もある理由を分析してみた

2018.11.19

セイコーマートがフランチャイズ出店しない理由とは?

2018.01.15
LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?