オンワードのZOZO撤退について考える

LINEで送る
Pocket

2018年12月末、オンワードホールディングスはゾゾタウンから撤退しました。

キッカケとなったのが「ZOZOARIGATO(ゾゾアリガトー)」の開始です。(年3000円もしくは月500円を払うとゾゾでの買い物が10%引きとなる会員制サービス)

このゾゾアリガトーは出店者側からすると、ZOZOに顧客を奪われることになりかねないんです。

ゾゾアリガトーが出店者に与える影響

例えば以下の場合、オンワードの顧客はZOZOタウンで購入しようという人が出てくるでしょう。

オンワードの通販サイトで買えば10,000円

ZOZOタウンで買えば9,000円(10%off)

ZOZOタウンに顧客を奪われるだけでなく、間接的に安売りをしていることにもなる。

しかもZOZOタウンで売れた場合は、販売額の3割程度の手数料を払わなければなりません。

それならばという事でオンワードは撤退を決めたのです。

オンワードがZOZOタウンを撤退できた背景

オンワードは2009年から自社通販サイト「オンワード・クローゼット」を開始して売上を伸ばしてきました。

18年2月のネット通販売上高は203億円で、そのうちの75%は「オンワード・クローゼット」が占めているそうで、ZOZOタウンへの依存度が低かったのが撤退できた理由でしょう。

ネット通販のノウハウを持たないアパレル各社はZOZOタウンに出店するなかで、オンワード・クローゼットは特殊な例だと思います。

 

ZOZOにとって、今回のオンワードのように自社でサイトを立ち上げて販売されるのは困る訳です。

ゾゾアリガトーを始めた理由はアパレル各社の商品がよりZOZOタウンで売れやすくする環境を作る為であり、ネット通販のノウハウを持たないアパレル各社が撤退しにくくする狙いもあるのかも知れませんね。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?