上がる賞与。そしてシンプルになる人事考課制度

LINEで送る
Pocket

人事考課の目的とは?

12月から冬の賞与の面談を行っておりますが、本日ようやく終了。そして今回のフィードバックを受けて、人事考課制度がさらにバージョンアップしました。

ドラフトの人事考課制度はどんどん変わっているのですが、年を追う毎にどんどんシンプルになっています。

どうしてシンプルにしていくのか?

私たちは人事考課の目的を評価する為ではなく、方向性を揃える為と考えているからなんです。

そうすると極論、以下の2つの考え方になるのではないでしょうか?

・複雑かつ素晴らしい人事考課制度で方向性を揃える

・シンプルな人事考課制度だがコミュニケーションを増やして方向性を揃える

過去に複雑な人事考課制度に挑戦したが結局運用できなかったという経緯から、ドラフトでは後者を選択していますが、今ではそれが良かったなと思っています。

ドラフトの人事考課制度

制度自体はびっくりするくらいシンプルですが、内容が濃いです。

まず心の面では「求める人間像」に近づくような取り組みが行われています。そして業務の面でも全員が素晴らしい目標を持っているんです。

そのうえで月2回、上司と面談をおこない「求める人間像」と「目標」について進捗や相談を行っています。

「月に2回は多すぎじゃないか?」と思われるかも知れませんが、本気で人間育成をするなら6カ月に1回の面談ではとても足らないというのが私達の実感です。

実は簡単そうで難しい

シンプルな考課制度にしてコミュニケーションを増やすのは簡単そうですが実際にやろうと思うと大変です。時間的にもですし、そもそも面談する人のスキルが高くないといけません。

しかし少しづつ積み上げてきたお陰で毎年、人事考課制度は良くなっています。そうすると優秀な人間が育つので、業績UPに繋がる。

皆が成長したお陰で2017年の冬賞与は前年比で10%以上UPさせることが出来ました。

社長って賞与を多く払う時、誇らしい気分になれるんですよ。皆さんありがとう。

ドラフトの企業文化をこれからもどんどん強力なものにしていきましょう。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?